ツマグロヒョウモン Argyreus hyperbius hyperbius
♂  2005.9.16羽化
♀  2005.9.19羽化
N師宅は我が家より50kmほど南にあるため気候は少し暖かい。数年前にN師宅のスミレに自然産卵したというので分けてもらったことがある。分布域が徐々に北上しているとは聞いていたが、今夏はとうとう我が家の庭に出現した。自宅近辺で目撃したのは初めて。あわててネットを持って飛び出し1♀を捕獲。吹き流しの中に鉢植えのパピリオスミレを入れ採卵。簡単に採卵できた。庭のスミレ類を与え飼育。本種は他のヒョウモン類と違って年に何度も世代を繰り返す。その度に北上を繰り返しているらしい。子供の頃には南方の蝶というイメージしかなかった蝶。地球温暖化を実感。ヒョウモン類の中でメスグロヒョウモンと本種だけ♂♀の模様が全く違う。本種の♀はオオカバマダラに擬態しているのであろうがメスアカムラサキの♀ほどはオオカバマダラに似ていない。ひょっとしたらまだ擬態の途上なのかもしれない。何世紀か後にはオオカバマダラそっくりになっているのではなかろうか。
終齢幼虫
終齢幼虫