ナガサキアゲハ Papilio memnon thunbergii
♂ 1985.6.15羽化
♀ 1985.6.13羽化
本種も南方系の蝶である。卵が入手できたのは寒い時期だったので、ミカンの苗木の鉢植えを買ってきて、大きめのケージをビニールで覆い温室状態で飼育した。葉を食いつくされる度にミカンの苗木を何本も補充した。これでは金がかかってたまらんと思ったころようやく蛹化し始めた。蛹を全て回収したと思っていたのでケージは放置していた。しばらくしてミカンの苗木を取り出そうとしたところ何頭かがケージ内で羽化していた。しかも産卵していた。ミカンの花がちょうど咲いていたので吸密して生きていたらしい。交尾の確認をしていなかったので無精卵かと思ったがちゃんと孵化した。2代目はミカンの葉も残り僅かなので芽吹き始めたカラタチで飼育した。