スジボソヤマキチョウ Gonepteryx aspasia niphonica
葉が落ちている季節は知らない植物の同定はなかなか難しい。早春の芽吹き前に木に詳しい伯父に教えてもらってキハダの幼木を山に採りに行ったことがある。その時ついでにクロウメモドキも教えてもらい2株を採ってきた。根が黒い木で一度で覚えた。それぞれ鉢植えと地植えにした。鉢植えの方に10数頭の幼虫を発見したのはしばらく経ってからである。産卵されていた木を採ってきたらしい。そのうち飼おうと思っていたのでラッキーだった。そのままネットで覆って飼育した。羽化間近の蛹は翅の黄色が透けてなかなか綺麗である。

ヤマキチョウの食草クロツバラはN師からいただいた。数年前ヤマキチョウの幼虫をいくつか見つけて採ってきたが全て寄生されていた。越冬後の♀を採集してきて産卵させようと思っているがまだその機会がない。

♂ 1988.6.9羽化
食樹 クロウメモドキ
ヤマキチョウの食樹 クロツバラ